アパート、マンション、戸建ての賃貸や売買なら

コラム2020

  • HOME »
  • コラム2020

【2020年コラム】

1月のコラム  2月のコラム


『貧欲 VOL190』 2月のコラム上へ
 

 稲盛和夫著「生きる」の中に面白い話が載っていたので紹介する。

 冷たい木枯らしの吹く中を男が歩いていた。ふと見ると足元に白いものがいっぱい落ちている。よく見ると、それは人間の骨。なぜ、こんなところに人骨が、、、と気味悪く、不思議に思いながら先に進んでいくと、向こうから一頭の大きな虎が吠えながら向かってきた。男はびっくり仰天し、この骨はあの虎に食われた哀れな連中の成れの果てかと思い、急いで踵を返していま来た道を一目散に逃げた。しかし、どう道に迷ったものか断崖絶壁につき当たってしまう。崖下は怒涛渦巻く海。後ろは虎。進退窮まって、男は崖っぷちに一本だけ生えていた松の木によじ登った。ところが、虎も大きな爪をたてて松の木を登りはじめた。

 ここまでかと観念しかけたが、目の前の枝から一本の藤つるが下がっているのを見つけた。男は藤つるを伝って下へ降りて行った。しかし、つるは途中で途切れており、男は宙ぶらりんの状態になってしまう。上方では虎が舌なめずりをしながら睨んでいる。しかもよく下をみると、荒れ狂う海には赤、黒、青の三匹の竜が、いまにも落ちてきそうな人間を食べてやろうと待ち構えている。さらに上のほうからガリガリと音がする。目を上げると藤つるの根もとを白と黒のネズミが交互にかじっている。このままでは、つるはネズミに噛み切られて、男は口を開けている竜目がけて真っ逆さまに落下するしかない。

 まさに八方ふさがりの中で、男は何とかネズミを追い払うべく、つるをゆすってみた。すると何か頬に落ちてきた。舐めてみると甘い蜂蜜だった。つるの根もとに蜂の巣があり、揺さぶるたびに蜜が滴り落ちてくる。男はその甘露のような蜜のとりこになってしまった。それで、いま自分が置かれている絶体絶命の状況も忘れて、何度も何度もその命綱を自ら揺すっては、うっとりと甘い蜜を味わうことを繰り返した。

 切羽詰まった危機的状況に追い込まれてもなお、甘い汁をなめずにいられない。これが我々人間の性であるとお釈迦様は説く。因みに虎は死や病気、松の木は地位や財産や名誉、白と黒のネズミは昼と夜。絶えず死の恐怖に脅かされながらも、生にすがろうとする。しかし、それは一本の藤つるほどに頼りないもので、そのつるも時間とともに摩滅していき、死に近づいていく。それでも自分の生命を縮めてでも蜜を欲しがる。そんな浅ましいほどの欲望といっときも縁切れない存在。それが人間の偽りない実相だとお釈迦様は教えている。



『縁起 VOL189』 1月のコラム上へ

 オリンピックイヤー2020年が幕を開けた。昨年10月の台風19号の傷が癒えていないが、時は否応なしに時間を刻む。初詣には例年通り多くの参拝者が訪れ家内安全・無病息災・商売繫盛・合格祈願、等々を心に秘め手を合わる。そして今年の運勢はどうかとおみくじを引く。「大吉」を引き当てると縁起がいいと心が浮き立つ。まぁ確かにその時はそう思うのだが、それは一瞬であって神社の階段を降りた頃にはコロっと忘れてしまっていたりする。

 この縁起。全ての存在は無数無量の因縁によって成り立つ、という仏教の基本思想を表す用語なのだが、誤解され解釈されているようだ。「縁起がよい、縁起が悪い、縁起を担ぐ」などというが、吉凶の前兆として用いられるべき言葉ではない。仏教における縁起とは、私たちは因縁によって存在するのであって、因縁を取り除いたら、「私」という個の存在がないということだ。それがいつの間にか、私がたくさんの因縁を頂いて生かされているという通俗的的な意味に広まってしまった。つまり「生かされている」というのではなく「存在している」ということ。因縁によって存在する縁起は、私もあなたも同時に存在しているのだから、あなたの幸せは私の幸せとなる。だから自分だけが都合の良いようにはならない。自分が良いなら相手も良いのだ。

 人間は、複数の出来事の間のつながり、流れ、傾向性を見出す能力がある。夕焼けだと明日は晴れになる傾向があるということなどに気づく。ところが何の関係もない事象の間にも、何らかの流れや傾向を見出したくなる思考癖もある。力士が白星を続けている時は、同じマワシを付けるとか、宝くじが当たったから同じ窓口で買うとか、青い服を着て受けた試験が合格したから試験の時は青い服を着るとか。何の因果関係もないのにそのように思い込みがちになる。もちろん一概に割り切ることはできないので、縁起を担ぐことは本人がよしと思えばそれでいいだけの話ではあるし、思い込みが結果として良い方向に行くことも往々にしてある。

 4年一度のオリンピックが東京で開催される。否応なしに勝負が決するアスリート達は一体どんな縁起を担いで大舞台に立つのか。同じ土俵に立つ因縁の相手とはどんな相手なのか。そして自分の周りにはどんな縁が巡ってくるのか。地に足を着けてこの1年を良き年にしたい。


お気軽にお問い合わせください TEL 024-936-4410 受付時間:9:00 - 18:00[年中無休]Mail:com@commit-web.com

PAGETOP
Copyright © 2020 Commitment Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.