アパート、マンション、戸建ての賃貸や売買なら

コラム2021

  • HOME »
  • コラム2021

【2021年コラム】

1月のコラム


『 何かできる事は VOL201』 1月のコラム上へ

 2021年になった。令和も3年目。去年とは全く異なるお正月。不要不急の外出自粛、ステイホーム。家にいてなるべく人と会わないように。それでも東京は感染者が千人超えで、列島各地もその数を更新している。ここ福島でも連日感染者が出ており、クラスターが発生。東京を囲む4都県では緊急事態宣言が発令される。他にも大事なニュースが沢山ある中で、コロナはいつもトップだ。各メディアが医療崩壊、飲食店は死活問題、コロナ解雇等色んな角度から映像や音声でイマを報道している。

 政府の対応が後手に回っているとの批判や中傷ともいえる過度なSNSでの投稿。日本人ってこのような民族だったんだろうか?もちろん一部の大きな声人が目立つから、そう見えるのだろうけれども。声には出さないが、なんとかしてこの難局を乗り越えよう、そのために自分が何ができるか、できることがあれば率先して手を差し伸べようとしている人の方が圧倒的に多い筈だ。昨年医療関係者に簡易にビニール袋で作れる防護服を仲間でつくり、送り届けた知人がいた。たまたまSNSで防護服の不足を知り、作り方も掲示してあったので、即行動に移した。提供を呼びかけた病院は数日の内に何万枚もの提供があり、充足したとのこと。

 メディアは現状の窮状を伝えることはもちろん、手を差し伸べようとしている人に届くように、困っている人が何に困っているか、何を手伝ってほしいか、どうしてほしいかをもっと訴えたもいいのではないか。お互い様の精神は日本人の根底にまだまだしっかり根付いている。どうしたらいいのか困っているというのではなく、この状況を打破するために、このような手助けをして欲しいという声を聞きたい、そしてこれに応えたいという人は大勢いる。

 大枠は政府や首長に任せ、身近なことで自分にできることはしてあげたいと思っている人への呼びかけをメディアには是非して欲しい。声を拾ってもらえば必ず届く。密を避け、マスクや消毒は当たり前にやってそれでも感染者が減らない。いつ誰が感染するか分からないリスクが常に付きまとう。それでも時計は回る。間もなくワクチンが出回るだろう。まずはそれまではお互い様の気持ちで、誰かの困ったを、一人の困ったを何人かで分け合い少しでも薄めることができたらいい。2021年はみんなで助け合うという日本人の低力が試される。今年の年末は試練が続いているのか、コロナ前の日常が取り戻せているのか。激動の1年が始まる。


お気軽にお問い合わせください TEL 024-936-4410 受付時間:9:00 - 18:00[年中無休]Mail:com@commit-web.com

PAGETOP
Copyright © 2021 Commitment Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.